目的で探す

ココカラMAPボタン
LANGUAGE

石垣島の天気

気温
投稿日:2018/03/05

石垣島でマンタに会える!マンタってどんな生き物~?

  • 八重山
  • 石垣島

マンタの種類

標準和名:ナンヨウマンタ/学名:Manta alfredi
標準和名:オニイトマキエイ/学名:Manta birostris

石垣島で見られるマンタ

標準和名:ナンヨウマンタ/学名:Manta alfredi

特徴

・背中の白い斑紋の前縁が、後ろに向かって八の字にカーブ。
・口裂の周囲は白、もしくは薄い灰色。
・最大でも5m以内。
・沿岸域に生息。


マンタの生態

マンタの生態は、まだまだ不明な点が多い生物です。
泳ぐときは大きな胸鰭(むなびれ)を上下に羽ばたくように動かし、比較的ゆっくりと進みます。
しかし餌となるプランクトンの集団を見つけたときは速いスピードで、何度も宙返りするように上下方向に旋回を行い
大きな口を開けて海水と一緒にプランクトンを吸い込みます。
またダイバーの出す気泡に反応して、このような旋回行動を見せることもあります。

沿岸域では群になって泳ぐマンタも見られ、繁殖のために集まっているものと考えられています。
繁殖は卵胎生で一度に1~2尾の子どもを産みます。
子どもは産まれたときすでに大きく、体盤幅1m~1.2m、体重50kg前後の大きな子どもを産みます。その後も急激に成長し、およそ10年で成熟します。
寿命は40年と推定されています。
また、脳化指数が高く、魚類の中では最も知能が高い種の一つと考えられている。

写真/Photo by Marine Service Happy holiday

その他の記事

Arrows