目的で探す

ココカラMAPボタン
LANGUAGE
所により曇り

石垣島の天気

気温
25℃

【世界遺産】玉陵_沖縄本島

  • 八重山
  • スポット

王家の陵墓「玉陵(たまうどぅん)」

玉陵(たまうどぅん)は、琉球王国の第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓です。
1501年に、尚真王が父尚円王の遺骨を改葬するために築き、その後第二尚氏王統の陵墓となりました。墓域は2.442平方メートル。全体のつくりは、沖縄独自の破風墓と呼ばれるものです。
玉陵は当時の琉球の葬制に基づいて、中室、東室、西室の3つの建築物が作られました。
中室は洗骨まで遺骸を置く場所で、洗骨した後に遺骨を骨壺に収めたら、王及びその妃の骨は東室に納められ、他の王族は西室に納められたと言われています。
建造物の外は外庭、中庭に石壁で仕切られ、中庭には珊瑚の破片が敷き詰められています。この珊瑚は、邪気を取り払うという意味を込めて、神の島と呼ばれる久高(くだか)島の珊瑚が使われています。
玉陵には、1501年に中国産の輝緑岩(きりょくがん)で作られた、玉陵に葬られるべき人々を規定した玉陵碑(たまうどぅんひ)や、王国に墓参りに来た王様が休憩したところでもあり、戦前までお墓を守る番人がお墓の管理をしていた東の御番所(あがりぬうばんじゅ)などもあります。
玉陵入り口にある券売所の奉円館(ほうえんかん)の地下1階に地下1階の玉陵資料館があり、玉陵の概要や玉陵内部の様子などが展示されています。
玉陵は、首里城跡などと共に、2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録、2018年には沖縄県初の国宝に建造物として指定されました。

  • 開園・開場時間 9:00~18:00
  • 休場日について 年中無休
  • 施設入場料 有料 ※公式サイトをご確認ください。
  • 駐車場 ×
  • トイレ ×

・那覇空港から車で(約40分)/モノレールで(約50分)
・那覇バスターミナルから路線バスで(約40分~1時間)

Arrows