目的で探す

ココカラMAPボタン
LANGUAGE
所により曇り

石垣島の天気

気温
25℃

【世界遺産】中城城跡_沖縄本島

  • 八重山
  • スポット

”築城の天才”護佐丸が最期を迎えたグスク「中城城」

中城城跡(なかぐすくじょうあと)は、首里城跡などと共に、2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。
また、2006年には日本の名城100選、2013年(平成24年)には「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」(沖縄県)ツワブキの名所に選ばれています。
1995年から、国の補助を受け発掘や石積みの修復等の保存修復事業が実施されています。
中城城は、武将・護佐丸(ごさまる)が移り住み、最期を迎えた城としても知られています。
護佐丸は、当時台頭していた勝連城主・阿麻和利の勢力を牽制するために、国王の命令によって座喜味城から中城城に移り住みましたが、謀反の疑いをかけられ、妻子と共にこの城で自刃しました。
護佐丸は、築城の名手でした。
実は、日本に開国を迫ったペリー提督が、1853年5月に中城城を訪れていますが、その時、ペリー一行は中城城を見て、城壁やアーチの門の建築土木技術水準の高さに驚き、中城城に関する詳細な報告文を書きました。城壁は、自然の岩石と地形をたくみに利用した美しい曲線を描いており、アーチ門は「エジプト門」と称したのです。
城は連郭式で作られ、六つの郭から成り、南は断崖、北は急傾斜地になっています。
戦災が少なかったため、城壁の各時代の石積みの方法も見ることができます。
石積みは、時代によって異なり、南の郭が野積み、一の郭、二の郭が「布積み」 、三の郭と北の郭が「相方積み」と呼ばれる三通りの手法が用いられています。

  • 開園・開場時間 8:30~17:00
    8:30~18:00(5~9月)
  • 休場日について 年中無休
  • 施設入場料 有料 ※公式サイトをご確認ください。
  • 駐車場 〇(無料)

・那覇空港から車で(約50分)
・那覇バスターミナルから路線バスで中城小学校前バス停下車(約55分) 徒歩で(約30分)

Arrows